個人の力で世界を飛び回り旅をするパワートラベラーの阪口ユウキさんに会った話

こんにちは。タツヤです。

5月のオーストラリアは初冬ということで、寒さが日に日にましてきております。

6月に入るともう、冬本番という形です。

つい先日、日本に一時帰国するなら一番最高の季節の5月に仕事で日本に帰国してきました。

帰国の際に、私の生業の一つであるブログ・サイト運営の同業種である『パワートラベラーの阪口ユウキ』さんとお会いしてきました。

パワートラベラーとは?

パワートラベラーと聞くと、誰有名な芸能人が命名した言葉のように感じますが、実は先日お会いした阪口さんがご自身の肩書きとして名付けられたとか。

パワートラベラーの定義

パワートラベラー(POWER TRAVELER)は、世界を自由に旅しながら旅資金を稼ぐ新しいライフスタイル

5年前の生活と現在の生活では、テクノロジーの発展がものすごく、普通の人たちでは追いつけないぐらいのスピードで成長しています。

日本の大手企業でもリモートワークということで、会社に出勤しなくとも、自宅で仕事ができる制度が作られたりと、会社=出勤という概念が少しずつなくなってきています。

阪口さんは5年前から、スマホやパソコン、そしてどこにでもあるネットを使って個人でサバイブする方法を提唱していて、実際に世界各国を周りながら生活していた人です。

現在は、家族が増えたということで、親孝行の意味でも日本に拠点を作って、次の旅に向けて黙々と準備をしているとか。

確かに世界を飛び回る生活をしていたら、親と会う機会なんてないでしょうからね。

まあ私も人のことは言えませんが・・・

パワートラベラー実践会の勉強会に参加


偉そうにしているのが僕です。なんかすいません。

今回の会は少人数勉強会ということで、5名だけで、阪口さんを囲みながら、自分たちの作ったサイトを用いてアドバイスをしあうような形でした。

勉強会は少人数に限るなと。

大人数になると、発言するのもちょっと怖かったり、遠慮しがちになっちゃいます。僕だけかもしれませんが。

少人数だと、みんな友達〜!って感じで気楽に発言できますしね。

私はここオーストラリアに来てから始めたサイト運営。もちろん、周りには相談する人もいなく独学で進めて来ました。

なので、結構憧れていたんですよね。

正直、ブログについて語り合える、気軽に情報交換しあえる仲間や勉強会に飢えていました。

初めて人の作ったサイトを見るのも、サイト運営について人と直接話すのも、全てが初めて!

小学生の時に、遠足の前日、楽しみすぎて興奮しすぎて寝れなかった時の感覚と一緒だったのはここだけの話。

直接、会って話すと数百倍も得られるものが違う!

結局はね、『人と人』なんだな〜っと実感しました。

家族に囲まれながらも、海外で一人ぼっちでパソコンをカタカタと打ち込み、日本語で日本人に向けてサイトを作っていると孤独なんです。

私たち、サイト運営者の本来の目的は、検索してくれた人の『悩み』を解決することなのですが、正直、生活が安定するにつれてブレてはいけない軸がブレていました。

こうやって自分から行動し、会いたい人に会いにいくことで、本来忘れていた大事な幹や道を修正させることができました。

自分のことは自分が一番知っていると思いがちになりますが、やはり自分のことを一番知らないのは自分であるということを気づかされました。

サイト運営の本質は海外にいようと、日本にいようと世界どこにいても同じ。

人の笑顔や悩みの解決を与えられないようではサイト運営者としては恥ですな。

まとめ

オーストラリアに来てから5年間の月日が経ちました。

私生活の方も少しずつ安定してきていると、ゆるみがちな心。死に物狂いで生活していた、サバイブ力が完全になくなっていた今日ですが

自分から行動し、人と会い、話すことで、忘れていた大切なことを思い出させてくれました。

ビジネスでも遊びでも、そこには人がいることを忘れないようにしないとね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外風のおしゃれな画像や素材を無料ダウンロードできるサイト5選

【特化型ブログ】100記事で書いてもアクセスがない時の対処法

特化型ブログでアクセスの集まる記事のネタを探す方法

ヤフー虫眼鏡とグーグルサジェストキーワード両方確認してる?

プロブロガーとして人生を切り開いていってる前原和裕さんとお会いし2つの刺激を受け...

『完全ひとりビジネスを始めるための本』ブログで唯一の失敗『挫折』させないコツが凝...