オーストラリアで車を購入する際に確認したい4つのチェック項目

こんにちは!!
オーストラリアに移住して4年目のタツヤです。

今回の記事はオーストラリアであるとないとでは行動範囲がめちゃくちゃ変わってくる『車』について。

私は自身、車関連の知識もなくもちろん仕事に全くついたことないスーパーど素人なんですが、素人なりに私が車を購入する際に気をつけていることをご紹介していきます。

あくまでも、ど素人目線ですのでご理解くださいね。

なぜ、車を購入する前にチェックが必要なのか?

photo-1458419948946-19fb2cc296af

オーストラリアの中古車の売買の多くは個人間で行われることが一般的です。

個人間で交渉をして売買を行うので、基本的に購入後の返品は出来ないですし、購入後にわかった故障も基本的に、あなた自身の負担で修理に出さないといけないんですよね。

オーストラリア最大のフリーの掲示板ですごい数の車売買の情報を確認することができますが、ワーホリや短期留学では『車に大金はかけられない』と思います。

もちろん低価格の車もサイトにはたくさん掲載されていますが、基本的には日本では全く見かけないような古い年式の車でさえ結構な値段で取引されています。

低価格であれど結構のなお値段のする『車』なので、できるだけ故障の少ない安心して乗れる車選びを行いできるだけ失敗しないように素人なりの目線で私自身が行っている5つのチェック項目をご紹介していきます。

1 ボンネットは必ず開けてとりあえず見る

IMG_5687

 

ボンネットの中を開けてエンジンを見てもわからないやー!って思ってエンジン部分を見ないまま購入はしないようにしましょう。

私がこれまで経験した事例ではボンネットを開けて支える棒が壊れていたり、エンジンオイルがエンジン内に飛び散っていて、明らかにオイル漏れしていること確認できたり。

ただボンネットを開けるだけで、発見できる値引きするポイントあるいは不良の車を見つけることが出来きます。

私もエンジンの構造などは全くわかりませんが、とりあえずボンネットを開けてとりあえず見てみましょう。

2 タイヤのすり減り具合は?

IMG_5684

 

日本と同様にオーストラリアで売られているタイヤはかなり高いです。

そして、タイヤはあなたの命に直接かかわってくる大事な車のパーツでもあります。

タイヤ溝が磨り減っていれば一目瞭然でわかりますが、タイヤの溝が磨り減っていなくても長期間変えていないタイヤも要注意です。

以前購入したタイヤはパッと見ると溝がしっかりあり全然大丈夫そうには見えたのですが、雨の日にブレーキをかけて滑ってあやうく事故を起こしそうになりました。

タイヤはいつ交換したのか・タイヤの溝はどれくらい残っているのか・タイヤのパンク歴はあるのか

私は必ず確認するようにしています。

 

3  購入前にインターネットで相場を確認する

GumtreeやJamsなんかのネット掲示板であなたの欲しい車を見つけた場合、他のウェブサイトでその車の現在表示されている金額が相場なのかを確認しましょう。

現地の人が使用している検索サイトはこれらです。

Redbook.com.au

Carsales.com.au

この二つでフリーの掲示板で見つけた車の車種と年式、走行距離で検索してみてどれくらいの金額なのか確認してみましょう。

むしろ上記のサイトの方がいいコンディションの車が見つかるかもしれませんが。

4  古い車であればエンジンベルト交換済みか確認する

出来れるだけ低価格で車の購入を考えている方は修理のことも計算して購入するといいです。

特に10万キロごとに取り替えが必要なタイミングベルトは、交換済みかまだ交換していないのか必ず確認しましょう。

車のことを知っている人は常識かもしれませんが、完全に無知な私は走行距離10万キロのタイミングベルトが交換されていない車を購入してしまし、購入後すぐに高額な交換費用を払った覚えがあります。

まとめ

オーストラリアの生活をする上で、車はすごく重宝されますし動ける行動範囲もすごく変わってきます。

ワーホリや語学留学の限られた期間で多くのオーストラリアを味わう為に、コスパのすぐれた車を購入できることを祈っています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【シドニーの日本食】隠れ家的レンストラン『鮨雅』週末ランチがお得

オーストラリアの永住権を取得して気がついた5つの事

【スタバ】シドニーのStarbucksで無料Wi-Fi接続で超快適

シドニーで本場の飲茶を食べるなら【THE EIGHT】に行くべし!

オーストラリアで住処の物件を効率よく探す為の不動産サイトまとめ

【オーストラリア】シドニーのオススメする現地無料エージェント