【パークハイアットシドニー】記念日に宿泊したいオペラハウスを独り占めできる5つ星ホテルの宿泊レビュー

こんにちは。タツヤです。

シドニー生活も5年目を迎え、海外生活にも慣れてきました。

新しい刺激が欲しいということ、嫁の誕生日という記念日を兼ねて、シドニーのロックス地区にあるパークハイアットに宿泊していきました。

パークハイアットはオペラハウスと目と鼻の先、ハーバーブリッジの真下にある世界遺産に一番近いホテルといっても過言でない最高のロケーション。

記憶に残る最高の滞在となったので、パークハイアットの宿泊レビューとして、これから記念日やハネムーンなどで検討している方に向けて、ご紹介していきます。

パークハイアットシドニーの場所はどこ?

ハーバーブリッジの真下に位置する『パークハイアットシドニー』の最寄り駅はサーキュラキー駅になります。

有料ですが、パークハイアットに宿泊される方は、シドニー国際空港からの送迎サービスもあるので利用してみてもいいかもしれません。

最寄り駅のサーキュラーキーから徒歩11分ほどかかりますが、オペラハウスやサーキュラキーの景色を楽しみながら行くことができます。

このような素敵な景色を楽しみながらあること11分。

シドニー最高級ホテルでもあるパークハイアットに到着しました。

パークハイアットシドニーの外観は?

こちらはオペラハウスと反対側の入り口、正面玄関になります。

外観は茶系を基調としてストーン調のタイルが敷き詰められています。

ストーン調のタイルは天然石の質感が再現されており、本来の石の美しさを感じることができます。ホテルは4階建の造りになっており『オペラハウス』を見下ろすのではなく、同じ高さで楽しむことができます。

パークハイアット『オペラ』宿泊レビュー

自然な茶色をベースとした開放感の受付でチェックインを済ませ、オペラハウスを存分に楽しむことが出来る部屋へ案内してもらいます。

部屋に向かう廊下のカーペットがいい具合に高級なんです。廊下から伝わる高級感。

今回宿泊した部屋番号は『235』

外から見るとここの場所に位置する部屋になります。

 

カードキーをスワイプして部屋に入っていきます。

入室一番に出迎えてくれる素敵な『絵画』。入室一歩目から衝撃を受けました。

部屋からはサーキュラキーを一面出来るような造りに。

今回予約したのは、オペラのキングベッドの部屋。ベッドの高さ、硬さ全てが最高でした。

寝ているだけで、マッサージをしてもらっているぐらい気持ちいいというよりも安らげるベッドです。

テーブルと椅子もさりげないですが、座り心地もよくちょうどいい高さと硬さ。

洗面台とバスタブになります。大理石で作られたバスタブはお風呂から上がりたくないぐらいくつろげます。

引き出しの中には細部まで抜かりのないアメニティが準備されています。

ニオイも質も最高級の石鹸やローション。

バスタブは深くもなく狭くもなく、身長170cmの私でも丁度いいぐらいの深さと広さです。

バスタブからの景色がこちら。逆光でうまく見ませんが、バスタブに浸かりながらシドニー湾を楽しむことができます。

横開き扉があるのでもちろんプライバシーは守られています。

逆光で見えなかった景色がこちら。

目の前には、世界遺産であるオペラハウスが本当に手の届きそうなぐらいの距離にど〜んと構えています。

実際のベランダからの景色は絶景でした。

ここまでオペラハウスに近く同じ目線で世界遺産を楽しめるホテルは『パークハイアット』だけ。

サーキュラキーのビルも一緒に楽しむことが出来ます。

ベンランダに出なくても部屋の中からオペラハウスを楽しむことができます。うちの息子は船が行き来するのが楽しいのか、ず〜っと窓に入りついて景色を楽しんでいました。

宿泊した日がシドニーのVIVID Sydney(ビビッド・シドニー)の期間だったので、ベランダから最高のオペラハウスを堪能することができました。

サーキュラキー周辺はビビッドシドニーを楽しむ観光客や地元の人で、すっごく混雑するので、正直ゆっくり見れないし疲れます。

普通のオペラハウスはこんな感じです。個人的にはビビッドでデコレーションされたオペラハウスよりもこっちの方が好みです。

格安ワインもこの景色と一緒に飲むと、高級ワインを飲んでいるかのような気分。

最後はベッドからのビビッドスドニーでデコレーションされたオペラハウスを楽しみながら、最高のベッドでおやすみなさい。

パークハイアットで楽しみたい屋上プール

4階建てのパークハイアットの屋上にはプールが完備されています。

今回宿泊したの6月ということで、オーストラリアの季節は『冬』

シドニーの冬は太陽が出ている日中なんか比較的ポカポカしていて暖かく、水温も27度に設定されるので、冬でも楽しむことができます。

まあ、プールから上がったら寒いでしょうが。。。

屋上プールはこんな感じです。泳げるサイズのプールが一つ。

さっきの大きなプールよりも水温が少し高いこちらの小さいなスパの二つが完備されています。

ベンチの一つ一つにふかふかのタオルが備え付けれているので、わざわざ部屋からタオルを持っていく必要はありません。

これだけ日差しが当たると冬のシドニーでも暖かいです。

紫外線の強いオーストラリアだけに、日焼け止めが備え付けられているのは嬉しいですよね。


プールで泳いだ後に飲みたい水も完備されています。こういった細かいサービスが素敵なパークハイアット。

屋上プールからもオペラハウスをしっかりと楽しむことができます。


パークハイアットシドニーの空室状況を確認する

まとめ

今回、記念日ということでかなり背伸びして宿泊したパークハイアットシドニー。

スタッフの細かいところまで行き届いたサービスとおもてなしに正直、オーストラリアでもこのようなサービスを受けれるんだと驚きました。

ぜひ、記念日やハネムーンでシドニーに来られる方にオススメのホテルです。

関連記事:パークハイアットシドニーでスパを体験してきたよ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サーフィンが海外生活の厳しい壁・生活から私をすくってくれた話

本当に美味しいシドニーの飲茶DIN TAI FUNGに行って来た

日本を旅出してオーストラリアに海外留学→移住して得た4つの財産

【SIMフリー】オーストラリアで購入できるSIMを徹底比較

【オーストラリアお土産】日本の友人や家族へ送る喜ばれるお土産7選

オーストラリアの永住権を取得するまでの期間と費用総まとめ